2017年4月8日土曜日


 関係他団体からのお知らせ
 

①植村裁判を支える市民の会

当会は4月に以下の呼びかけの趣旨に賛同し、入会しました。
詳しくはhttp://sasaerukai.blogspot.jp/をご覧ください。
 
この裁判は単に植村さんの名誉回復を求めるのではありません。報道・表現の自由、学問の自由…日本の民主主義を守るための闘いであります。
植村裁判の傍聴、報告集会の参加・宣伝にご協力下さいますよう呼びかけます



 

②「安保法制」に反対する北海道宗教者連合会

詳しくはhttps://sites.google.com/site/hokkaidoshuukyousha/homeをご覧ください。

戦争法案が成立した9.19を忘れない!
 

 2017年9月28日「安保法制」に反対する北海道宗教者連絡会  

緊急アピール 

第2次安倍政権は、憲法の精神と議会制民主主義のルールを    

踏みにじり、「平和」「いのち」「人権」を脅かす行為を積み重ね 

てきました。そして今日、国会を解散しした。

これらに対し私たちは、宗教者の立場から強く抗議しす          

 なぜ、今、緊急アピールなのか

  安倍内閣による衆議院解散は、国会の慣例や手続きと国民世論を無視したものです。国権の最高機関である国会を党利党略で私物化するものであり、民主主義の基本的なルールを身勝手に破壊する暴挙にほかなりません。私たちはそう考え、アピールを出すことにしました。

  この解散は「モリカケ疑惑隠し解散」といわれています。森友、加計学園をめぐる安倍首相自身への批判や質問に対して、安倍首相と政府関係者はきちんと答えず、また、首相夫人や腹心の友といわれる関係者の証人喚問も実現していません。真相を究明するために野党が開催を要求した臨時国会は3カ月以上も拒否され、やっと開かれたものの、いきなり解散です。疑惑を隠しつづけて先送りし、いつのまにか闇に葬ってしまおうという企みが透けて見えます。このような政治手法は、私たちの憤りを倍加させます。私たちは強く抗議します。

  安倍首相は、今回の総選挙の争点は「消費増税の使途と北朝鮮情勢」の2つだと言っています。しかし、消費増税は2年先のことですから、増税の是非と増税分の使途はまず国会で議論すべきであり、北朝鮮情勢については、国会で与野党の論戦を活発にし、わが国が国際的な解決に貢献できる平和的な方策を模索すべきです。つまり解散総選挙は必要ない、この解散に「大義名分」はない、と私たちは考えます。

  安倍政権の強引で強権的なやり方は、いまに始まったことではありません。第2次安倍政権が発足して5年になろうとしていますが、この間、安倍首相は特定秘密保護法や安保法制、TPP関連法、共謀罪関連法の成立を強引に押し進めました。国会では強行採決が繰り返されました。「1強」といわれる力と高い支持率を背景にした驕りに満ちた政治姿勢とその手法は、戦後日本ではこれまでに例を見ないほどに異常です。今回の衆議院解散もその帰結であり、その異常さゆえに、起こるべくして起きた事態であると私たちは考えます。

  「大義名分」なき解散に隠された狙いは、なによりも改憲を加速させることでしょう。安倍首相はつねに改憲に前向きであり、その姿勢を弱めたことは一度もありません。その一方で、国会の憲法調査会の審議はまだ始まったばかりです。重要な争点となる九条については世論調査で慎重意見が強まっています。しかし、安倍首相はそのような状況にきちんと向き合おうとはしません。私たちは、警戒を怠ってならないと思います。「平和」と「いのち」と「人権」を踏みにじり、日本を「戦争をする国」にしようという動きは、絶対に許せません。

  衆議院選挙は10月10日に公示され、22日に投開票が行われます。新聞テレビはすでに総選挙一色です。新党設立や野党再編の動きが急になっています。あわただしい政治情勢は中央でも地方でも混とんとしているように見えます。そのような動きに隠された国民無視の党利党略や私利私欲を、私たちはウォッチし見きわめようと思います。同時に、この5年間の安倍政権の足跡をきちんと見定め、つねに国民に対して不誠実で虚偽的であり続けたことを、胸に刻もうと思います。投票所でのひとりひとりの未来にかかわる選択が、とりかえしのつかない危険な道につながってはならない、と私たちは訴えます。

 

2015年11月から毎月19日、市民の皆さんとともに「安保法制」への反対と抗議の意思表示を行いました。

 

☆最終回は6月18日(土)西本願寺札幌別院(北3西19)で「講演とクロストークの集い」にて今までの運動を振り返り、これからの取り組みを考える節目の集会を行いました。

☆北光教会前での座り込みは終了し、7月と8月は「ピース

   電」を実施しました。 

  札幌市電を1両借り切って、約1時間、市内路線を一周しながら車内でリレートークを行いました


☆9月19日は北光教会前で「座り込み」と「ピースキャンド ル」を行いました。

☆10月19日は「ピース市電」を実施しました。

11月19日と12月19日はすすきの交差点(マクドナルド前、地下鉄2番出口前)でスタンディングを行いました。

☆1月9日、「講演とクロストークの集い」をカトリック北

  11条教会で開催しました。

 

☆6月3日、13:30~「講演とクロストークの集い」を


日本キリスト教会 札幌琴似教会で開催します。


 

「安保法制」に反対する北海道宗教連絡会は2度目の新年を迎え、3年目の活動に入りました。次のピースキャンドルは

5月23日(火)18:30~大通り公園西4丁目

5月25日(木)18:30~大通り公園西3丁目

「共謀罪」廃案!5月23日・25日に「総がかり緊急行動」のデモの後に解散地点で行います。

次のピースキャンドルは、
7月11日(火)18:00~大通公園西4丁目「共謀罪」廃案!「総がかり緊急行動」に続いて行います。









 

0 件のコメント:

コメントを投稿